Welcome to crdsh.com TOP >防災・危機管理教育

危機管理教育とは

危機管理は、平時すなわち危機発生前の危機管理である「Security Management」と、有事すなわち危機発生後の緊急時の危機管理である「Crush Management」から構成される。 具体的には,ハイジャッカーを搭乗させないよう日ごろから警備や警戒をすることが「セキュリティマネジメント」であり、ハイジャックが発生してしまった場合の対応策が「クラッシュ マネジメント」ということになる。 特に後者のクラッシュ・マネジメントでは、すべてに拙速が求められる。 いかに素晴らしいマニュアルを準備しても、関係者が危機感を持って適切に行動しなければならず,常日頃からの教育,訓練が必須の分野といえるだろう。

医療分野における危機管理マニュアル

医療分野は危機管理教育が最も進んでいる分野の1つである。
例えば『医療職のための危機管理マニュアル』編集:Susan M. Briggs, MD, MPH, FACS 監訳:永田高志
という書籍は,ハーパード大学(マサチューセッツゼネラルホスピタル)方式による危機管理の実際的ガイドラインであり,災害の現場がリアルかつ美しくまとめられている。
ハーバード大学の外傷外科のリーダースーザン・ブリッグスが監修し、いざという時に医療スタッフがなすべき事項が極めてわかりやすく解説されている。
主な内容は以下の通り。

-----引用------
はじめに
第1部 多数傷病者のマネジメント
1 多数傷病者のマネジメント
第2部 緊急時指揮命令系統
2 緊急時指揮命令系統/関係機関をまたぐ指揮命令系統を一本化する/緊急時指揮命令系統ICSの重要な原則
第3部 災害への医療対応
3 救助・探索
4 トリアージ/従来のトリアージ/災害現場医療トリアージ
5 根治的治療
6 広域搬送/広域搬送の適応/広域搬送における注意点および禁忌/広域搬送の種類/傷病者のストレス/固定翼機での広域搬送の際に行うことができる医療行為/傷病者に対する準備
第4部 災害に対する公衆衛生の対応
7 災害への公衆衛生対応/災害時迅速評価法とは/災害時迅速評価法の実行/サベーランス/災害時迅速評価法実施の難しさ/最終報告書
第5部 除染
8 除染/除染の行程/除染方法/核、生物剤、そして化学剤(NBC)における特殊状況
第6部 テロリズムに対する医療対応
9 テロリズムの脅威/テロリズムとは?/医療公衆衛生システムの脆弱性/テロに対する特殊作戦
10 生物剤テロ/曝露経路/生物剤による攻撃への対応/細菌の生物剤に対する対処/ペスト/野兎病/ウイルス生物剤に対する対処/毒素性生物剤に対処
11 化学剤/化学剤の性状/化学剤攻撃への対応/個々の化学剤への対応/びらん剤/除染
12 放射性物質/電離放射線の原理/放射線脅威のシナリオ/放射線による負傷者の緊急対応/特別な論点
第7部 災害時によく見られる外傷の治療
13 爆弾・爆風外傷/爆発物と起爆装置/爆風損傷/爆風損傷傷者の死亡率・予後に関する予測因子
14 クラッシュ症候群/クラッシュ症候群の臨床所見/クラッシュ症候群の根治治療(⇒関連情報は歴史,原因および症状,治療)
15 四肢外傷/身体所見/非侵襲的管理/四肢切断または温存
16 災害現場での手術に必要な麻酔管理/麻酔前評価/気道管理/麻酔法
17 熱傷/熱傷の分類/熱傷の第一優先事項/熱傷治療における第2優先事項/化学熱傷/電撃熱傷
18 小児外傷/災害時に子供を診療するために必要な器具/災害時に子供を診療するために必要な備品/災害時に子供を診療するために必要な薬剤/トリアージと初期治療/小児の頭部外傷における注意点/小児の胸部外傷に対する注意点/小児の腹部外傷に対する注意点/小児の整形外傷に対する注意点/小児の集中治療における注意点
19 眼外傷/眼外傷の原因と受傷機転/眼外傷の評価とトリアージ/災害現場での眼外傷治療/生物剤と眼外傷
第8部 環境に関する考察
20 危険物/化学兵器と危険物/危険物の同定/個人防護衣 PPE
21 熱中症/熱中症に関連する因子/災害対応従事者の脱水のための輸液管理
22 寒冷外傷(低体温と凍傷)/病態生理/偶発性低体温/治療/生命兆候の見られない重度低体温傷病者の治療/凍傷および局所の寒冷外傷/低体温の傷病者搬送の準備/局所の寒冷外傷予防
23 高山病
第9部 その他
24 災害における心理的側面/災害時の心理に影響を及ぼす様々な因子/災害時の心理に影響を与える個人・地域の因子/災害時の心理に対する疫学調査/災害の心理的後遺症/災害による精神疾患/介入/心のケア専門家の役割/災害対応従事者のストレス
25 災害の犠牲者とその家族のケア/災害対応従事者の安全確保/仮設遺体安置所の設置/遺体の取り扱い/遺留品の整理/遺体の鑑別/遺族や文化背景の配慮
---引用終---

情報システム分野の危機管理教育

情報システム分野における危機管理教育は主に担当者からの通達や不定期な告知によって行われることが多く,定期的にこれを行うしくみを整備している分野はごくわずかである。

たとえば静岡教育サークル「シリウス」という学校教育関係者のコミュニティーでは,学校が示すべきガイドラインについて簡潔かつ網羅的な例を示している。

---引用---

1.学校に求められる情報システム関連の危機管理

(1)あるべき状況
・個人情報専用の公用パソコンを機械警備のかかる部屋に設置する。
→ 職員室の学校パソコン(公的パソコン)
・本体のハードディスクには個人情報を保存しない。
→ 校務に関するデータは全て外部記憶装置に保存する。
・個人情報を扱うパソコンはLAN接続しない。
→ 業務中は学校パソコンのLANコードを一時的に抜く。起動時はウィルス
パターンを更新するするために、LANコードを接続する。

(2)運用の方法
・個人情報は、外部記憶装置に保存する。
→ USBポータブルハードディスク
・個人情報を保存する場合は、ファイルにパスワードをつける。
→ USBポータブルハードディスク全体にパスワードをかける(暗号化)
・外部記憶装置は、鍵のかかる場所で管理する。
→ 鉄庫に保管する。情報主任が朝出し帰りにしまう。

(3)個人情報の貸し出し、返却
・個人情報の貸し出し返却は記憶媒体を使用する。
→ USBリムーバブルディスク(商品名:clip drive)
・借り出す場合は所属長の許可を得る。
→ 教頭先生のところにある貸し出し簿に記入する。

2.各個人に求められる情報システム関連の危機管理

(1)あるべき状況
・本体ハードディスクには、個人情報は保存されていない
→ 今後は本体HDDに個人情報を保存しない。保存は clip drive へ。
→ 過去に削除された個人情報は、できる範囲で完全削除(復元した後、
改めて【完全削除】等のソフトで消去する)する。処理できない場合は、
各自が責任を持ってパソコンを管理する。
→ 作業が済み、必要でなくなった個人情報は【完全削除】で削除する。
・個人情報を扱う個人用パソコンは機械警備のかかる部屋に保管する。
→ 職員室に保管する。

(2)運用の方法
・必要な個人情報のみ保管する。
→ 個人情報は可能な限り個人用パソコンでは取り扱わない。
過去の個人情報を持ち歩かない。
・保存する場合は、ファイルにパスワードをつけて保存する。
→ clip drive 全体にパスワードをかける。(暗号化)
→ 【デジタル金庫】等のソフトで、個別にパスワードを設定する。
→ 使用ソフト(一太郎、excel)の機能で各ファイルごと、パスワードを設定する
・外部記憶装置は鍵のかかる場所に保管する。
→ 鉄庫に保管する。貸し出し簿に記入後に使用する。
・データの共有化について
→ LAN経由でデータをやりとりすることはできないので、必要なデータ
をclip drive で持ち運び、作業後はポータブルHDDに戻す
自席からLANを使った印刷は、これまで同様通りできます。

3.そのほか
・パソコンの管理については十分注意し、盗難に遭わないようにする。
・個人情報を扱う作業は、なるべく学校内ですますようにする。

---引用終---

実際に情報システムがクラッシュするケースには以下のような例がある。
@削除等によるデータ損失
A誤ってフォーマットや領域削除など、ディスクに対する操作ミス
Bファイルが突然見えなくなる論理的な障害(重度論理障害)
C時々アクセスが停止する訂正不能セクタが影響する障害(軽度物理障害)
Dスライダ(ヘッド)の磨耗などによるプラッタへの吸着度合い低下(中度物理障害)
Eコンピュータに認識しない物理的故障(重度物理障害)
F組んだRAIDアレイの一部ディスクが急に「FAIL」になる。(RAID構造障害)
GRAID-1で、生きているディスクからのデータ抽出ができない。(ミラーリング障害)
HNASが正常動作しない、サーバが停止。(Linuxの重度障害)

デジタルメディア障害は大きく分けて論理障害と物理障害にわけられる。
同じ症状でも障害の種類や程度はさまざまであり,専門家に依頼してデータ復旧を行わせなくてはならない。
適切な処置を施すことにより,論理障害、物理障害を問わず、ほとんどのデータを復活させることは可能と言われている。
各種記憶メディア(HDDハードディスク、MO光磁気DISK、FDフロッピーDISKなど)のデータが読めなくなった場合には、あきらめずにデータ復旧業者に相談すべきであろう。
業者にもよるが,基本的には初期診断後に「調査報告書」や「復旧作業見積り書」が提示される。
作業費用は、データ復旧手法や工程数に基づき、復旧に必要となる回収データ量を元に算出されることが多い。

防災・危機管理に関する教育情報

防災・危機管理教育の分野は幅広いが,これをわかりやすく伝えようとする試みは各所で行われている。
その中で比較的優良なメディアの事例としては『防災・危機管理e−カレッジ(http://www.e-college.fdma.go.jp/ippan.html)』などがある。
同サイトで扱われている主な内容は以下の通り。

---引用---

災害の基礎知識
地震・津波災害
風水害
火山災害
火災
津波から身を守る−温故知新−

災害への備え
事前の備えチェック
家庭内の安全性チェック
わが家の耐震性チェック
損害保険

いざという時役立つ知識
初期消火

救命手当

救命手当(AEDを用いた方法) 
救命手当(包帯法)
救助 
119番通報 
電気安全 
ガス安全 
避難 
安否の確認
災害時の電話の使用 
気象庁から発表される情報 
災害時のインターネットを通じた各種情報の入手 
地域防災の実践
地域防災の必要性 
地域の防災リーダーの役割 
地域防災の実践 
事業所と地方公共団体との防災協力

災害時のボランティア活動の実践
災害時のボランティア活動の意義と役割 
被災地に赴いてボランティア活動を行う際の心構え

地震対策(東海地震) 
津波対策 
火山対策 
水害対策 
土砂災害対策 
風害対策 
雪害対策
火災対策 
原子力災害対策 
コンビナート災害対策 
油流出事故対策 
災害情報 
国民保護(Q&A) 
地震調査委員会による長期評価
災害史から学ぶリンク集

---引用終---

この分野に関連する重要なキーワード

危機管理
リスクマネジメント
リスク管理
危機管理 企業
リスク管理規程
リスクマネジメント 医療
信用リスク管理
統合リスク管理
リスク管理システム
リスク管理債権
企業リスクマネジメント
危機管理 リスクマネジメント
危機管理システム
危機管理情報
プロジェクト リスク管理
内部統制 リスク管理
市場リスク管理
銀行 リスク管理
リスクマネジメントマニュアル
リスクマネジメント事例
リスクマネジメント研修
危機管理セミナー
危機管理対応
リスク管理マニュアル
リスク管理表
リスク管理規定
リスク管理方針
リスクマネジメント ビジネス
オペレーショナルリスク管理
リスク管理モデル
為替リスク管理
環境リスク管理
リスクマネジメント規程
保険リスク管理
統合的リスク管理
金融機関 リスク管理
危機管理 事例
コンプライアンス リスク管理
システム開発 リスク管理
リスク管理手法
リスク管理計画
与信リスク管理
投資 リスク管理
証券 リスク管理
リスク管理 評価
リスク管理シート
リスク管理態勢
事務リスク管理
危機管理 リスク管理
流動性リスク管理
トータルリスクマネジメント
全社的リスクマネジメント
情報システム 危機管理
デリバティブ リスク管理
企業のリスク管理
個人情報 リスク管理
総合リスク管理
pmbok リスク マネジメント
危機管理ネットワーク
リスク管理 var
リスク管理基本方針
事業リスク管理
リスクマネジメント 書籍
中小企業 リスクマネジメント
危機管理業務
リスク管理チェックリスト
住宅ローン リスク管理
定量的リスク管理
alm リスク管理
リスク管理債権比率
リスク管理対策
リスク管理検定
統合リスク管理とは
資産運用リスク管理
金利リスク管理
リスクマネジメントの本質
危機管理サービス
プロジェクト管理 リスク管理
リスク管理 とは
会社法 リスク管理
統合リスク管理入門
金融機関のリスク管理
危機管理 フロー
危機管理ビジネス
リスク管理と契約実務
危機管理 とは
統合的リスク管理とは
証券化商品 リスク管理
リスク管理 用語
リスク管理の目的
信用リスク管理 高度化
倒産リスク管理
危機管理ソリューション
マーケットリスク管理
統合的なリスク管理
コーポレートガバナンス及びリスク管理
統合的リスク管理態勢
リスクマネジメント セミナー
リスクマネジメント 講座
金融リスク マネジメント
危機管理プログラム
it リスク管理
オペレーショナルリスク管理方針
コーポレートガバナンス及びリスク管理・内部統制
ヘッジファンド リスク管理
リスク管理 委員会
リスク管理の基本方針
三井住友銀行 統合リスク管理部
事務リスク管理規程
信用リスク管理とは
営業店 リスク管理
定量的リスク管理 基礎概念と数理技法
市場リスク管理方針
環境リスク管理のための人材養成
環境リスク管理のための人材養成プログラム
統合リスク管理 統合的リスク管理
統合リスク管理の高度化
金融機関における統合的なリスク管理
金融機関の市場リスク・流動性リスク管理態勢

*情報の正確性には注意を払っておりますが、 最新情報や詳細情報につきましては必ずご確認ください。