激動の世界を定性的な視点から眺める教育情報ポータルサイト

 
世界の教育>知的財産教育>商標教育
 

商標教育

概要

商標に関する教育は大きく2分野に分けることができる。

ひとつの分野は商標登録の実務に関する教育分野であり、商標登録の申請は出願者が第三者を通じて出願するケースも多いため、クライアントからの受注〜納品に関する実務を含む、多岐に渡る主題が含まれる。

ひとつの分野は商標の運用に関する分野。特に他社サービスと商標のバッティングによるトラブルといったケースは珍しくないし、類似商標が多数出現することによる商標名の陳腐化など、商標の選定に当たっては様々な主題について考慮する必要がある。
製品名やサービス名も商標として通用する。著名なマイクロソフト社のMicrosoft Windowsはパーソナルコンピュータの世界への窓という意味を容易に想起させる「Window」という一般語に複数形の「s」をつけただけのシンプルな言葉ながら、今では世界中で認知されている商標である。こうした製品名の選択も重要な商標教育の主題となり得る。

商標登録の実際

商標登録手続きは特許庁管轄の諸手続きの中では比較的容易で、そのため、出願者が直接出願することも少なくない。しかし、そうしたケースでは拒絶されることも多い。
従って、経済効率の観点や、トラブルを避ける目的で特許事務所等に手続きを委託するケースも少なくない。

複数の商標を登録したり、特別な狙いがあって商標登録する場合、あるいは商標登録を迷っているなどのケースでは、どこの特許事務所でもいいというわけには行かず、商標登録を専門とする特許事務所もある。