激動の世界を定性的な視点から眺める教育情報ポータルサイト

 
世界の教育>知的財産教育>特許教育
 

特許教育

概要

特許に関する教育は大きく2分野に分けることができる。

ひとつの分野は特許登録の実務に関する教育であり、特許の出願は出願者が第三者を通じて出願するケースが多いため、特許登録の実務はクライアントからの受注に関する教育も含まれてくる。
一般的には知的財産を特許として登録する行為に関連する教育を指す。
又、この分野の教育においては以下に挙げる第二の分野に関しても認知していることが前提であり、この前提が抜け落ちると特許の意義という重要な核が抜けたまま、機械的な手続きの流れを追うだけの教育になってしまう。

第二は特許権の運用に関する教育で、この分野では取得した特許権を行使する方向の教育と、自らの製品の製造販売を妨げるような特許権の行使を防衛するための特許取得の方向の教育がありうる。
特許権の行使に当たっては、いきなり裁判に訴えることは稀で、まずは特許権侵害の事実を伝えた上で何かしらの交渉を行ない、示談が成立することも少なくない。
一方で、自らの発明の製品化に当たっては、製品の枝葉末節が他者の特許権を侵害することを嫌い、発明の周辺技術も併せて特許を申請することも多い。これが防衛的な特許運用の側面である。実際、取得された特許の半数以上が実際に製品化されることが無いという報告もある。
特許を取得しても製品化を推進する環境が無い場合、製品化を希望する者に特許権を譲渡したり、契約によって定期的に使用料を得るケースも多く知られている。
防衛的な特許運用はリスクマネジメントの分野に属する一科目とも言えるが、極端な例ではパテント・トロールというような特許という特殊な制度の狭間に生み出されたゆがみのようなものもあり、ここでは特許教育の一分野に数える。パテント・トロール対応の難しさはパテント・トロールが決して非合法ではない点にあり、パテント・トロールとわかっている相手と、パテント・トロールとはわからない相手では対応のベクトルが真逆になることもこうした問題を難しくしている。

パテント・トロールに関する問題については、一面的ではあるが、わかりやすいプレゼンテーション動画がある。