TOP   サプリメントに関する教育>ブルーベリー

 

ブルーベリー教育

 

ブルーベリーの人気

ブルーベリーの人気については周知の通りだが、日本ブルーベリー協会の調べによれば2007年の全国のブルーベリーの栽培面積は852.9ヘクタールであり、収穫量は1808トンとあり、その供給力は需要の多さを反映していると言える。
但し、ブルーベリーやビルベリーに関しては海外産の原料を珍重する考え方もあり、競争も単純ではない。

市販のブルーベリー

様々なブルーベリー製品が市販されており、人気を博している。最近ではビルベリーの方が注目されており、その成分を含有する製品もブルーベリーの名前で販売されており、ブルーベリーが目に良いという因果関係が一般に定着していると言える。
ブルーベリーサプリメント(主な取扱会社の例)(出典:サプリメントクチコミランキング http://www.supplerank.com/osusume/blueberry/)
えがお、アサヒ、健康家族、小林製薬、サントリーウエルネス、やわた、リフレ、わかさ生活
主な配合成分はルテイン、メグスリノキ、β-カロテン、アスタキサンチンなど。

ブルーベリーの理解

ブルーベリーは北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称で、ツツジ科スノキ属(Vaccinium/ヴァシニウム)に分類されるが、品種は多岐にわたる。
Vaccinium angustifolium (ローブッシュ・ブルーベリー)
Vaccinium boreale (ノーザン・ブルーベリー)
Vaccinium caesariense (ニュー・ジャージー・ブルーベリー)
Vaccinium corymbosum (ノーザン・ハイブッシュ・ブルーベリー)
Spartan (スパルタン)
Herbert (ハーバート)
Berkeley (バークレー)
Blueray (ブルーレイ)
Lateblue (レイトブルー)
Vaccinium darrowii (サザン・ハイブッシュ・ブルーベリー)
Vaccinium elliottii (エリオット・ブルーベリー)
Vaccinium formosum (サザン・ブルーベリー)
Vaccinium fuscatum (ブラック・ハイブッシュ・ブルーベリー、 syn. V. atrococcum)
Vaccinium hirsutum (ヘアリー・フルーテッド・ブルーベリー)
Vaccinium koreanum (コリアン・ブルーベリー)
Vaccinium myrsinites (エバーグリーン・ブルーベリー)
Vaccinium myrtilloides (カナディアン・ブルーベリー)
Vaccinium pallidum (ドライランド・ブルーベリー)
Vaccinium simulatum (アップランド・ハイブッシュ・ブルーベリー)
Vaccinium tenellum (サザン・ブルーベリー)
Vaccinium virgatum (ラビットアイ・ブルーベリー、 syn. V. ashei)
Tifblue (ティフブルー)
Homebell (ホームベル)
Pender (ペンダー)
[出典:wikipedelia]

中でも、サプリメントとして流通しているのは主に4種。
ビルベリー、ローブッシュブルーベリー、ハイブッシュブルーベリー、ラビットアイブルーベリー。
日本ブルーベリー協会ではこれらのベリーの効果について下記のような効能を概説している。
視覚機能改善作用・眼性疲労改善作用、視力障害の改善・糖尿病性網膜症の治療に有効・老人性白内障の進行抑制 生理・薬理機能:血小板凝固抑制作用・毛細血管保護作用・結合組織の強化作用・尿路感染症の治療・抗腫瘍作用・抗酸化作用