黒酢教育

 

黒酢の役割

黒酢は酢の一種であり、本来は調味料である。
調味料としての酢や黒酢の役割は料理に酸味を加える他、塩味を引き立てるところにある。
又、黒酢は主に中華料理に置いて、豆鼓醤や豆板醤、砂糖などと併せてコクと甘みを加え、とろみを付けて餡かけに利用される。
あるいは、醤油とほぼ同じようにして料理につけて食べられることもある。
黒酢は米を原料としており、主に中国と近隣諸国で食される。欧米の酢はブドウを原料としているものが多く、ワインビネガー、シェリービネガー、バルサミコビネガーなどが一般的。但し、他にもリンゴ、クロスグリ、ラズベリー、トマトなどを原料としたビネガーも流通している。
東南アジアではココナツ、ヤシ、サトウキビを原料とした酢も存在する。
日本においては全国食酢協会中央会/全国食酢公正取引協議会(http://www.shokusu.org/oxalis/teigi.html)によって更に狭義の食酢の定義が紹介されており、黒酢は「米黒酢」と「大麦黒酢」に分けられている。

健康補助食品としての黒酢

酢は中国ばかりではなく、欧米でも古くから調味料以外の目的で使われてきており、その利用は家庭内にとどまらず、工業用や医療目的を含む。
特に黒酢は健康補助の目的で愛飲されており、近年では強い酸味を抑えるため、他の甘い食品や果汁などと併せた商品も多い。これらも純粋な飲料というよりは、少なくとも健康維持の妨げにならない、むしろ助けとなる飲料という事で支持されている製品なので、健康補助食品と考えられる。

市販されている黒酢飲料の例
ブルーベリー黒酢
リンゴ黒酢
きんかん黒酢
かりん黒酢
バナナ黒酢
みかん黒酢
ゆず黒酢

成分を見ていくと、必須アミノ酸が豊富に含まれているという特徴があり、体内の様々な機能が活性化されることが期待される。
効能は市井の体感ベースの感想から、医療機関による臨床試験までいろいろと報告があり、その範囲は実に多岐に渡るが、総じて言えば体内の機能が正常化し、不快感が減るという。
又、癌組織を持ったラットを使った実験や、摘出したがん組織に対する実験では抗癌作用も報告されているが、こうした命に係わる疾病に関する実験データとしては不十分であり、臨床段階には入っていないことから、既知の効能として抗がん作用を数えることは差し控えたい。抗がん作用についてはその可能性があると考えられて、検証されている段階と言える。

香醋

香醋は厳密には黒酢の一種であり、中国でも日本でも生産されているが、日本で黒酢と言った場合は日本産の酸度の比較的低い黒酢を指し、香醋と言った場合、中国産、または中国の製法をまねた長期間熟成してつくる香醋を指す場合が多い。

黒酢教育

黒酢に関する教育は製造と処方の両面がある。
共にあまり需要は大きくはないので、黒酢教育に関して集約している機関は無い。
黒酢教育の内、製造に関する情報は、市井の知的好奇心を満たすレベルでは公開されているが、専門的な技術の啓蒙という観点から公開されているものは無い。従って黒酢製造に関する教育は主に製造の現場に委ねられており、それぞれに体系化されており、普遍的な教育体系というものが無い、言わば秘伝に部類する。
但し、一部の製造方法に関しては特許申請の関係で開示されており、今後研究の対象とされ、特許の有効期限を迎えた後で普遍化する可能性がある。
一方で黒酢の処方に関する教育は、サプリメント教育の一部として認識されている。その効能についてはどこからどこまでを既知の事実とするかについて、教育現場で差はあるようだが、その根拠が豊富な必須アミノ酸の含有に求められる点は広く共通して認知されているようだ。
抗癌作用についても注目されるが、代替医療の範疇を逸脱することと、十分な根拠のある説ではないことからサプリメント教育の中では取り上げられない場合が一般的だろう。

黒酢製品

様々な黒酢製品が市販されており、人気を博している。
黒酢の例(主な取扱会社の例)
ミツカン、タマノイ、キサイチ、オリヒロ、ユウキ製薬、福山黒酢、横井醸造工業、重久盛一酢醸造場、坂本醸造、内堀醸造、井藤漢方製薬
黒酢サプリメント(主な取扱会社の例)
えがお、健康家族、サントリー、サン・プロジェクト、サンミリオン、新日本製薬、メディアプライス、ミツカン、やずや、リフレ
(出典:サプリメントクチコミランキング 黒酢 URL=http://www.supplerank.com/osusume/kurozu/)