サプリメント教育

 
不足しがちな栄養分を補う目的でサプリメントが広く摂取されるようになっている。医薬品と違い劇的な変化が無いことから、手軽に摂取されることの多いサプリメントだが、長期の過剰な摂取によって健康を害することもあり、一概に安全と言い切れない。
又、個々人の判断で医師や薬剤師の手を通さずに入手が可能なため、目的にそぐわないサプリメントを摂取する場合もあり、より効果的な摂取のために正しい知識が求められてきている。
近年では医師によってサプリメントを処方する医院も登場し、サプリメント外来という分野も登場するなど、サプリメントに関する教育の需要が高まっている。
サプリメントの中には、海外では医薬品に認定されているものもあり、そうした海外での処方例や臨床試験結果について幅広い知識が求められる分野でもある。例えばグルコサミンなどは欧州では以前から医薬品と位置付けられており、関節症患者に処方されてきた。
医療系のサプリメント以外に、美容系のサプリメントもある。例えばサラシアをはじめとする、痩身を目的としたサプリメントは「ダイエット サプリメント」と位置付ける事ができる。

サプリメント
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
サプリメントとは、アメリカ合衆国での食品の区分の一つであるダイエタリー・サプリメント (dietary supplement) の訳語で、狭義には、不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が目的である食品である。ほかにも生薬、酵素、ダイエット食品など様々な種類のサプリメントがある。広義には、人体に与えられる物質という意味で食品以外にも用いられる。 栄養補助食品(えいようほじょしょくひん)、健康補助食品(けんこうほじょしょくひん)とも呼ばれる。略称はサプリである。

サプリメントはその成分の質や量についても、主に各サプリメントメーカーや、メーカーをスポンサーにした研究が進められており、様々な知見が公開されている。
アメリカでは国立補完代替医薬センター(NCCAM)等で各成分の効果検証などを進め、科学的な根拠の検証をしている。NCCAMは米国政府の内閣機関であるアメリカ合衆国保健福祉省(NIH)の下部機関の研究センターであり、主に代替医療の科学的な実証実験や、教育を行なっている。
http://nccam.nih.gov/
これらの知見はサプリメントの処方に欠かせない情報となりつつある。

又、そうした研究成果とは別に一般的な認知度の高いサプリメント原料というものもあり、例えば生姜の中では「金時しょうが」の人気が高く、この原料を用いたサプリメントも多く、売上も非常に良い。
こうした現実は処方のいかんに関わらず、患者がしょうがサプリメントを求めようとした場合、例で言えば「金時しょうが」を使った製品を使うことになる可能性が高いことを意味する。こうした現実は患者のサプリメント環境を考慮する上で無視できない情報である場合があり、各成分原料市場の動向も今後のサプリメント教育の柱となりうるだろう。

サプリメントの処方に当たってはあまり考慮されないが、サプリメント原料の産地についても言える。
原産地に関しては、患者の好みの他に、多くの場合サプリメントメーカーの好みというものが関係し、主に原産地によって原料の価格に格差があるという現実に由来して、原料の原産地の人気不人気がある。
食品でありながら、サプリメントには原産地を明記する義務が無く、又、市場のニーズも無いため、今後も当分は原産地に関する情報開示はなされないものと思われるが、こうした背景は国内の原料メーカーにとってやや不利な状況と言える。
こうした原産地の問題はサプリメントの処方現場と製造現場で、その意味と重要性が大きく違い、教育内容に大きく影響していると思われる。

代表的なサプリメント

【ビタミン系】
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンH
ビタミンK
ビタミンP
ビタミンU
【ミネラル】
亜鉛


クロム
セレン
マグネシウム
カルシウム
カリウム
ナトリウム
コバルト
コバラミン
モリブデン
ヨウ素
リン
MSM
【アミノ酸】
トリプトファン
スレオニン
ロイシン
イソロイシン
リジン
メチオニン
フェニルアラニン
ヒスチジン
アスパラギン
セリン
プロリン
グルタミン
チロシン
DNA
【必須脂肪酸】
αリノレン酸
EPA
DHA
アラキドン酸
ガンマリノレン酸
【ダイエット サプリメント】
サラシア
【他】
しょうが
DNJ
青汁
卵黄コリン
舞茸
麻黄
紅麹
発芽玄米
乳酸菌
納豆
納豆菌
田七人参
朝鮮人参
月見草
植物ステロール
紫蘇油
黒酢
高麗人参
酵素
桑の葉
梅エキス
肝油エキス
赤ワインエキス
大豆イソフラボン
霊芝
緑茶
大麦若葉
食物繊維
黒豆
アガリクス
アセロラ
アラビノキシラン
アリシン
アルコキシグリコール
アロエ
アンデスニンジン
イソフラボン
イチョウ葉
インドニンジン
ウコン/春ウコン/秋ウコン
エキナセア
セントジョーンズワート
セラミド
エゾウコギ
ニコエン
エノキタケ
エフェドラ
オイゲニン
オーブリーフ
オリゴ糖
カイアポイモ
カテキン
ガウクルア
ガラナ
ガルシニア
カルシウム
キチン
キトサン
キャッツクロー
キャベツ
ギムネマ
ギンコバ
クエン酸
クランベリー
クルクミン
クロレラ
グルコサミン
ケール
ケフィア
コエンザイムQ10/CoQ10
ゴマ
コラーゲン
コンドロイチン/コンドロイチン硫酸(サメ軟骨)
ゴーヤー
サメ軟骨(コンドロイチン/コンドロイチン硫酸)
シベリア人参/シベリアンジンセン
スクワレン
ジンセノサイド
シリマリン
ゼアキサンチン
ソーパルメット
スィートクローバー
ターメリック
チアミン
チェストツリー
テアニン
トコトリエノール
トコフェノール
トマト
ドコサヘキサエン酸
ナットウキナーゼ
ニガウリ
ニコエン
ニコチン酸/ニコチン酸アミド
ニンニク
にんにく卵黄
ノコギリヤシ
ノニ
バイオブラン
バナバ
バラの花エキス
バレリアン
パパイア
パパイン
パントテン酸
ヒアルロン酸
ビール酵母
ピクノジェノール
ピコペン
ビフィズス菌
ヒメマツタケ
ピリドキシン/ピリドキサールリン酸/ピリドキサミン
ビルベリー
ピンクグレープフルーツ
フィロキノン
フコイダン
フランス海岸松
ブラックコホシュ
ブルーベリー
プエラリアミリフィカ
フォスファチジルコリン
プテロイルグルタミン酸
プラセンタ
プロアントシアニジン
プロポリス
ベータグルカン/βグルカン
ボラージオイル
マカ
マリアアザミ
ムメフラール
メシマコブ
メチルサルフォニルメタン(MSM)
メナキノン
メラトニン
メリロート
モナコリン
リコピン
リボフラビン
ルテイン
レイシ
レシチン
レスベラトロール
レチナール
レチノイン酸
レチノール
レッドクローバー
ローヤルゼリー
ローズヒップ

(関連情報:サプリメントメーカー一覧)